CHECK

注文住宅建築ではハウスメーカーと工務店に設計事務所のどこに依頼するのが一番良いか?

注文住宅建築ではハウスメーカーと工務店に設計事務所のどこに依頼するのが一番良いか?

注文住宅を建てる依頼先には大手やローコスト住宅のハウスメーカー、地域に密着した家づくりに取り組む工務店、こだわりの住宅づくりに強いとされる設計事務所の3パターンが挙げられます。このうち、最も手軽に利用できるのはハウスメーカーです。その理由は、市場のニーズやトレンドに合わせた標準仕様の家を安心価格、安全品質で提供しているからとされます。アフターサービスも安定しており、最もスタンダードな選択肢になっています。それに対し、家づくりに何らかのこだわりがあるならそれ以外の方法が有力になります。そのうち、工務店は地域に密着した営業を強みにしていますので、土地の環境や気候などを重視した家づくりが得意とされます。また、すぐ側に店舗が存在する格好になるので、トラブルが発生した場合の対応もスムーズです。工務店によってはデザインにも注力するところもあり、リーズナブルな価格で対応可能な限り利用者の希望に添った家づくりが行われます。それに対し、設計事務所はややコストが割高になりますが、あらゆる工法やデザイン、住宅の機能に対応できる強みがあります。どんな要望に対しても真摯に応えてくれますし、より良い提案ができる点も設計のプロならでは。例えば、ハウスメーカーや工務店ではできないと言われた希望に対しても、しっかりとプランを作成してもらえます。以上の特徴を踏まえ、依頼先は決定すべきです。

工務店で建てる注文住宅のコスト削減の方法

注文住宅の見積もり書を確認すると、予算オーバーをしているかもしれません。 最初から予算内に収めるのは難しいので、一つ一つを見直しコスト削減をしましょう。 コスト削減をするときには、優先順位を決め工務店の担当者と話し合いながら決めるのがおすすめです。 まず絶対に削減してはいけないポイントは、耐震性や断熱性などの住宅の基本性能に関わる部分です。 また住宅の規模や外観などの後から変更できないもの、そして絶対に譲れない条件の部分は削減してはいけません。 逆に見直していきたいのは、工務店との話し合いの中で増えていった要素です。 工務店との話し合いをしている間に増えていった設備などは、基本的には諦めても後悔しません。 トイレやキッチン、お風呂などリフォームが可能な部分は、後から変更することもできます。 造り付けの家具なども一般的な家具で代用できますから、必要性が低いものや後で変更できるものは諦めるとコストを大幅削減できます。

工務店に関する情報サイト
工務店情報NAVI

このサイトでは、満足度の高い注文住宅を工務店に頼もうと思っている人に役立つ知識をお伝えします。良い業者に出会うためのおすすめの探し方も分かります。またハウスメーカーや設計事務所などいろいろとある中で、どこに依頼するのが最適なのか悩む方も必見です。各業者の特徴をまず把握することが大切です。そして選び方ポイントについて解説していきます。業者の基本情報を知って、失敗しない家造りに取り組んでいきたいものです。

Search